AIパーク
-Society 5.0の近未来を創る先端企業のVisionを深く掘り下げる-

今回特別展示の企画として「AIパーク」を開催させていただきます。

医療とAIは非常に親和性が高い分野です。当初、横浜にて開催を予定しておりました日本外科学会定期学術集会ではAIをテーマにした展示を行い、主に外科を専門とする医師やメディカルスタッフが自由に見て、触れて、近未来の医療を想像してもらいたいと考えて企画を進めておりました。

しかしながらCOVID-19感染症対策のために学術集会が完全ウェブ開催となったため、我々は新しいかたちでの学術集会を目指しています。そこで各参加企業に個別にインタビューを行い、各社の技術詳細や、AI・IOTを推進することでどんな未来を思い描いているのかを当事者による詳細な解説とともに、写真・動画をもちいてインタラクティブに紹介してもらいたいと考えました。医療やテクノロジーの専門家からみても読み応えがあり、かつ楽しく、示唆に富んだ企画を目指したつもりです。

是非、皆様には外科医として社会が今後どのようになっていくのか、AIがどのように医療に関わっていくのか、どんな近未来になるのかを予感して頂きたいと思います。

Special Interview 北川雄光

AIパークInterview & Exhibition

OUI Inc. (ウイインク; 株式会社OUI)
スマホアタッチメント型医療機器「Smart Eye Camera」で世界の失明を50%減らす
類似する工場と病院
GEヘルスケア・ジャパンの描く病院の未来像
中部電力
電力スマートメーター等から患者データを収集・解析
中部電力 宅内健康情報連携サービス
株式会社日立製作所
技術と人の役割分担 日立の考える未来型医療 EMIEW、eConsentによる取り組み
日本マイクロソフト株式会社
Teams、HoloLens、Kinect、Azureで医療の遠隔化・効率化を狙う
株式会社フィックスターズおよび株式会社Smart Opinion
AI技術を活用した乳がん超音波検診の新たな診断支援を目指して
医療機関と患者の架け橋サービスとなる
「MeDaCa」「MeDaCa PRO」
LEXUS
Exhibition

© 120回日本外科学会定期学術集会.